広島平和記念公園内「慰霊」名物親爺 石見洋二氏とは何者か?


石見洋二氏とは何者か?




★広島県ホーム頁  広島県「みんなで」おもてなし宣言から引用
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/omotenashi/150.html

私のおもてなし宣言
 広島平和公園と宮島の御案内をします。特に,広島平和公園でのピーストークス活動で,被爆者としての活動を通しておもてなしします。
毎日の水供養を通じて,被爆者としての気持ちと世界平和活動のこれから先の思いを,皆様とお話ししながら!

★毎日新聞から引用
https://mainichi.jp/articles/20170923/ddl/k34/070/615000c

中区の平和記念公園に足を踏み入れる前に黙とうを捧げる!
公園内にある「祈りの泉」からくんだ水を原爆慰霊碑や原爆供養塔に献水して回る。

注ぐ際には犠牲者の冥福を祈り、必ず膝をつく。毎回2時間ほどかかる。


平成24年から休まず続けている。


小さな親爺が、喧嘩を売って来た!


私が、石見氏と出会ったきっかけは、約3年くらい前に原爆慰霊碑前にて「撤去原爆慰霊碑一万人署名」の幟を毎年のように八月に掲げて居た処初めて石見氏が、儂の元にきてこんな処で出来るのか?と喧嘩を売って来たのです。

「一寸待って被下いよ」と録音機の準備をした所現場にいた警戒中の私服警察官にゟ「まあまあ」と言って引き離されてしまった。

儂は、どんな方で洗うかと思ひましたが其の日は其のまま終わりました。

何時だったか忘れましたが、暫くして理由は忘れましたが石見氏が誰かから儂の事を聞いた様で先般はどうもすいませんでしたと帽子を脱いで頭を下げたのです。

基ゟ儂には、喧嘩する理由はないのでいいですよと言って終わりました。

IMG_1820 (2).JPG

親交を深める事となるきっかけとは、


其の後お互い顔が解ったので、偶々平和記念公園内でお会いすると僅かな時間話をする事が増えました。

依頼交流が続いております。

考え方や主張の違いはありますが石見氏との共通点は、広島平和記念公園内は慰霊の場所であると言う事。

慰霊を「「利用する」広島市政は、是正する事。

慰霊を利用した「原爆産業は、即時に廃止」する事。

広島平和記念公園内を「政治利用や革命闘争の場」として利用させない事。等を私は、石見氏との共通認識と思っております。

石見氏は、是迄に色々な新聞等の報道で取り上げられていますのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

普段から穏やかで温厚な人柄に近隣を通る方からも信望が厚い事が良く分かります。

石見氏は、原爆投下や其の後の事等色々詳しいので機会が有れば話してみる事をお勧め致します。

広島平和記念公園を訪問した時には、是非石見氏に声を掛けて被下い。(通常は、平日の午後ゟ15:30頃原爆ドーム前「慰霊」の所で掃除等を行っております)

事前に予定したい方は、儂に連絡頂ければお伝え致します。    已上


石井洋二氏取材 第一弾 於平和記念公園内
https://www.youtube.com/watch?v=b136qop39KU&t=44s

石井洋二氏取材 第二弾 於平和記念公園内
https://www.youtube.com/watch?v=yDfmJSrIk3Q&t=4s

石井洋二氏取材 第三弾 於平和記念公園内
https://www.youtube.com/watch?v=hlrtNY4KcaA&t=7s


※写真は、石見氏の作成したA4文章です。


石井洋二氏取材 第四弾 於平和記念公園内
https://www.youtube.com/watch?v=sNyR3QZmKkY&t=4s

石井洋二氏取材 第五弾 於平和記念公園内
https://www.youtube.com/watch?v=KFWzB07Wcng&t=172s

石井洋二氏取材 第六弾 於平和記念公園内
https://www.youtube.com/watch?v=oZ_7GIQnOBo&t=22s


広告

積雲 (自由で快適な生活の提案)
http://fanblogs.jp/kannsa0110/
ブログカテゴリ:健康・美容・ダイエット

美しい 1位確保方法理論!
http://fanblogs.jp/1ikakuho/
ブログカテゴリ:コスメ

美しょく (堪能倶楽部)
http://fanblogs.jp/zuwai/
ブログカテゴリ:グルメ

 美體改造班
http://fanblogs.jp/gennkan/
ブログカテゴリ:健康・美容・ダイエット

脱毛エステサロン 満足度添乗員
http://fanblogs.jp/datumou2/
ブログカテゴリ:健康・美容・ダイエット

この記事へのコメント