神武天皇即位建都の大詔

三月(やよい)辛酉(かのとのとり)朔丁卯(ついたちひのとうのひ)、令(みことのり)を下して曰(のたま)はく。

「我(われ)、東(ひむがしのかた)を征(う)ちしより、茲(ここ)に六年(むとせ)たり。頼(こうぶ)るに皇天(あまつかみ)之威(いきおい)を以て、凶徒(あた)就戮(ころ)す。邊(ほとり)の土(くに)未(いま)だ清(しず)まらず、餘(のこり)の妖(わざわい)、尚(なお)梗(あれたり)と雖(いえど)も、中洲之地(うちつくに)、復(ま)た風塵(さわぎ)無し。
誠に宜(ろよ)しく皇都(みやこ)を恢(ひら)き廓(ひろ)めて、大壯(おおとの)を規(はか)り慕(つく)るべし。而(しか)るに今、運(よ)、屯蒙(わかくくらし)に屬(あ)ひて、民(おおみたから)の心朴素(すなお)なり。巣に棲(す)み穴に住み、習俗(しわざ)、惟常(かんながらのつね)たり。
夫(そ)れ大人(ひじり)、制(のり)を立て、義(ことわり)、必ず時に隨(したが)ふ。苟(いやし)くも、民(たみ)に利有(かが)らば、何ぞ聖(ひじり)の造(わざ)に妨(たが)はむ。且(かつ)當(まさ)に山林を披(ひら)き拂(はら)ひ、宮室(おおみや)を經營(おさめつく)りて、恭(つつし)みて寶位(たかみくら)に臨(のぞ)み、以て元元(おおみたから)を鎭むべし。
上(かみ)は則(すなわ)ち乾靈(あまつかみ)の國(くに)を授(さづく)之德(みうつくしび)に答へ、下(しも)は則ち、皇孫(すめみま)の正(ただしきみち)を養(やしなう)之心(みこころ)を弘(ひろ)めむ。然(しか)る後、六合(くにのうち)を兼ねて以て都(みやこ)を開き、八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)と爲(な)す、亦(また)た可(よろし)からず乎(や)。
觀(み)れば、夫(か)の畝傍山(うねびやま)の東南(たつみのすみ)の橿原(かしはら)の地は、蓋(けだ)し國(くに)之墺區(もなかのくらし)乎(か)、之(これ)を治(おさむる)る可(べ)し」と曰(のたまう)。

是の月に 即(すなわ)ち有司(つかさ)に命(みことのり)し、帝宅(みやこ)を經(つく)り始(は)じむ。

この記事へのコメント